<< とんぼはいずこへ? | main | 受験生グッズ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


ピクセル

趣味と実益を兼ねて(を目標に)Tシャツのデザインにも手を染めています。とはいえずっと長い間できていなくて、お正月休みの間に、久しぶりにあれこれ考えていました。

今はUPSOLDを利用させていただいています。しばらく離れているうちに、入稿方法が変わって、Illustratorデータでの入稿はできなくなっていました。FAQのページを見ると、説明のところを読めばわかるような質問がいっぱいならんでいました。Illustratorだとつまずく人が多いのかな。

それで、JPGなどの画像データでの入稿となるのですが、この説明がまずピクセル数ありきで、非常に理解(把握)しにくいです。UPSOLDだけじゃなく、ほかのサイトでも(たぶんどこでも)同じです。

以前IT系の人と話してるときもそうで
「ピクセルで言われてもサイズがぴんとこないからミリで話してよ」
なんてことがありました。

グラフィック屋としては(マコーレだけだったらごめんなさい)、サイズ=寸法(mm限定←cmやインチはだめ)の上限と解像度(dpi)で指定してくれたらすっきり意味がわかり、イメージできるのに。

しかも、『○○ピクセル以上』とかの表現だとすご〜くもやもやして作業にとりかかりにくです。じゃあ、いくら多くてもいいの? と思いますよね。そしたら『ファイルサイズは○○MB以内』とかの制限もあるわけですよ。もやもやががじがじ〜になります。

プリントの仕様からみて解像度はたぶん200〜300dpiあればいいと思うんだけど、まず寸法(しつこいようだけどmm)を教えてくれー、でないと始められないよーとなるわけです。

それに、ピクセル数は多ければいいというもんじゃなく、あまりに縮小したらよくないと思いますけど。紙の印刷だと80%〜120%が許容値でしょう。ほんとは実寸で作りたい。制作会社がそれでいいというのだから気にしなければすむことだけど、なんだかすっきりしなくてもやもやもやもやぎじぎじぎじぎぐぎぐぎいじいじしてしまうんですよね。





以上、新しいデザインがいっこもできていない言い訳でした。

しかも、今まで登録していたものも、ちょっとレベルが低すぎて恥ずかしいので削除したりしました。もっと充実したらご案内しますので、しばらくは探さないでください。そっとしておいて。。。。よろすぃく。


UPSOLD.com

スポンサーサイト


Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback


無料ブログ作成サービス JUGEM