<< Firefox | main | PING送信 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


WEB用に保存

Illustratorから『WEB用に保存』ってみなさん使ってますか? 

わたしが使い始めたのは数ヶ月前くらいです。それまではIllustratorで作ってそれをPhotoshop書き出し→WEB用に保存してました。

Photoshopでの加工が必要な場合が多かったのでその方法がベストだと思い込んで、必要がない場合までそんなことやってたわけです。(もともと紙媒体専門なこともあり)

Illustratorでは必要な部分だけをアタリ罫で囲み、トンボ作成してからWEB用に保存します。アタリ罫がポイントです。罫に線幅を設定しているとサイズに微妙な数字の誤差が出ます。(ファイル作成時に、環境設定から単位をピクセルに設定しておきます。)
そしてオブジェクト→トンボ作成します。

バック色を設定してあったり、タチキリする場合は、必要なサイズよりひとまわり外まで作ってトンボで切ると切れ目に余白が出るのを防ぐことができます。

ファイル→WEB用に保存画面で画像サイズを確認してみてください。
ファイル形式はGIF,JPG,PNG-8,PNG-24,SWF,SVG,WBMPが選べます。正直よくわからなくてまだ試していないのもあります。


スライスについても書きたいと思いますが後日。

スポンサーサイト


Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback


無料ブログ作成サービス JUGEM