スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


Classic

インテルMacで盛り上がっているところ申し訳ありませんが、時代遅れなClassicの話題を書きたいので少しだけおつきあいください。

先日書いた、G5にクClassic環境を入れる件について、少しだけ調べましたら、他のマシンからOS9をコピーすればよいだけという朗報を得ました。おお! そういうことなのですか! それは楽です。

OS9.2.2の入っているG4から、システムフォルダとApplications (Mac OS 9)をちょちょいとコピーしました。ライセンスはMacの台数分持っていますから問題ないですよね…?、きっと。

それで、G5のシステム環境でClassicを起動してみました。メニューバーに9の文字が表れないので、あれ?失敗したかなと思って、その日はほかのことにとりまぎれていて、あとでもう一度やってみようと思っていました。

昨日、Illustrator8を使う必要があったので、試しにG4からコピーしてみました。(こちらはライセンス問題をクリアする必要がありそうです。)

そこでふと気づきました。システム環境設定パネルでClassicを起動ボタンを押したときに、
□Classicの状況をメニューバーに表示する
にチェックを入れてなかっただけでした。なんと初歩的な…。
クラシック起動パネル
数日間ずっと9が起動していた状態だったのに、まったく気づきませんでした。

Illustrator8で問題なくファイルを作成できました。これで、G4でIllustratorを使う必要がなくなったので、心置きなくQuark XPress専用機とすることにします。

G5にはClassicは入れないぞとかたくなに拒否して損していました。業界的にClassicアプリを使わなくてよい状況になってほしいなと淡い期待を抱いていたのですが。今さらな話題でしたか。

プチ技

(初めての方へのごあいさつ05年6月9日)

きょうはワンポイントアドバイスです。
IllustratorでもPhotoshopでも、ウインドウの左下の%表示の所、直接数字を打ち込んで表示拡大率を変更できること、ベテランでも知らない人ときどきいますね。これ知ってると役に立つときありますよ。

ねぼけりんこ

スピー…、りんこ、早くおっきくなりたいな…。



無料ブログ作成サービス JUGEM